レオマワールド 1 ( 2014-05-03 )

        2014 レオマワールド ( 2014-05-03 ) 

 
  
  午前8時出発の予定が少々遅れて今治湯浦ICより高速にのり途中入野
  パーキングエリアで約15分休憩 10時25分レオマワールド大駐車場へ
  ( 車々で一番奥の駐車スペースへ ) 到着。
  エスカレーターでレオマワールド入場口まで ( ここからもう順番待ちの
  始まりで〜す )    
    〜  遊びきれない楽しさいっぱい !  〜 とパンフレットに


        9時5分 四国中央市の入野パーキングエリアで休憩。          
         


        10時25分一番奥の駐車場に車を止めてエスカレーター迄。
         


        エスカレーターでレオマワールド正面ゲートへ。
         

  
  
ティーポリーモニュメントの前で。 ばあばも一緒係りの方が写してくれました。

        
         
         橋を渡りウエルカムプラザへ。


      
おみやげ・レストラン・ゲーム等 ここで遊んでいては乗り物に乗れないよ。


  


      
      橋を渡り11時10分やっと乗り物のある広場へ。


  
  大観覧車にしょうかな。


          
          高ーく上がるバートフライヤーはちょっと怖いね。


  
  12時 まず最初は 40分待ち キンダーガーデンレイルロードで園内一周。
  rikukun ・ hinachan ・ パパの3人は  →1両目の一番後ろの座席です。


      


  
  約7分で園内一周。


     
      hinachan はママと大観覧車へ。


  
rikukun は レディバードコースターへ並んだけど35分待ちと聞いて止めてしまいました。


  


      
      rikukun は暗闇の中を疾走する スペースシップ2056へ。


  
  次は何に乗ろうかな・・・・・・・・・


  
  GENKI ストリートを歩いていると レオマファンタジックパレードに出会いました。


         [


     

         
         


  


  
シャボン玉と 花吹雪 ( 花ではなくて ハートの形 ) が舞い上がる ジャングルステージ前。


  
                
                ハート吹雪 hinachan が拾ったよ。
  


  


  


     
     (^_^)/~ パレードは通り過ぎていきました。


     
     もう午後2時 ウエルカムプラザへ戻って食事にします。


   
rikukun は ホットケーキを注文。hinachan は ミフィーのお子様ランチを。


   
ばあばは 肉うどんを‥‥‥‥‥。  途中でばあばのおうどんを !! ‥‥‥‥‥‥。


  
お腹がいっぱいになりました もう3時前です早く乗り物に乗らないと時間が無くなるよ。


  
  本当は二人とも スカイサイクルに乗りたかったんだけど1時間30分待ちだとか !!


  
中でも待っている人が少な目の レイクボートデキシークイーンに並んだのですが・・・


  
  水陸両用車レオマコンバットも走ってします。


          [
           hinachan そろそろ飽きて来たようです。


          
          午後4時36分、待ち時間約1時間30分 やっと番が回ってきました。


  


        


          
          最後に噴水をぐるりーっとまわって10分間お疲れ様。


  


     
かき氷を食べてから hinachan がプリキュアに変身 !! 写真とキーホルダーで2,000円也。


     
     もう午後6時です時間は あっという間に過ぎてしまいました。


     
  駐車場へ。

     
    
    午後6時23分 楽しかったね(^_^)/~


    
    午後6時33分 さぬき富士を右に見て。


    
午後6時43分 真っ赤な夕焼けに車の中では ♪ 夕焼け小焼けで日が暮れて〜 ♪と

結局 高いフリーパス券を買って乗った乗り物 平均3個、待ち時間が長いので乗り物券を
買った方が良かったのかも。  ・・・・ これでは本当に遊びきれませんね ・・・・・。


 ⇒  rikukun は 2009年5月3日 kanachan 達と 2007年3月11日と3度目です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。